著作権

記事・写真・イラスト・動画などの著作権について

『 IMAD (アイマド) 』(以下当サイト)に掲載している記事・写真・イラスト・動画などの著作物は、日本の著作権法及び国際条約により、著作権の保護を受けています。
当サイトの利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが、法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。

著作物の利用について

『 著作権者の許諾なく著作物を利用することが、法的に認められる場合』については『 著作物の利用に関する範囲と制限 』をご確認ください。著作権者の権利を保護するためにも、法的に認められる範囲で利用してください。また、当サイトの利用規約については『 IMAD (アイマド) の利用規約について 』をご覧ください。

著作物の利用に関する範囲と制限

公表された著作物は、私的使用の範囲内であれば、著作権者の許諾なく著作物を利用することが可能です。( 私的使用を目的とする複製は、使用者自ら複製を行う必要があります。)また、公表された著作物は、引用して利用することができます。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で利用可能です。詳細は『1.私的使用の範囲について』『2.適法な引用の範囲・条件について』をご覧ください。

1.私的使用の範囲について
著作権法での定義 個人的、または家庭内その他これに準ずる限られた範囲
非営利の場合の範囲 営利を目的としない場合でも『 個人的、または家庭内その他これに準ずる限られた範囲 』を超えてはいけません。
個人で運営している
ブログやサイトの場合
ウェブサイトやブログなどに記事や写真を載せることは、大勢の人がアクセスできることから、個人が行う場合であっても私的使用の範囲外となります。
2.適法な引用の範囲・条件について
引用の定義 本文がしっかりとあり、その文中に説明や補強材料として、著作物を使用すること。
引用部分を区分する 引用部分を枠線で囲むなど、本文と引用部分が明らかに区別できることが必要です。
出所の明示 出版物の場合は、引用した出版物の『 著作物名・作者名 』を表記する必要があります。インターネットの記事などは、ホープページアドレスとサイト名を表記する必要があります。
3.当サイトの著作物引用について

当サイトの場合は「○○年○月○日 https://imad.jpより」という表記が必要です。また、引用する際もご連絡頂ければ幸いです。

ー 著作物を引用したい サイトを紹介したい場合 ー
当サイトの著作物の引用は、上記の条件で使用してください。サイトを紹介する場合の画像は無料で公開しています。『 個人メディアIMAD 紹介用画像とリンクの貼り方 』ご利用、引用の際は加工等を行わないようしてください。

ー 著作物を転載・利用したい場合 ー
当サイトの著作物の転載・利用をご希望の方は、当サイトの『 お問い合わせ』よりお申し込みください。許諾させていただく場合でも、原則として使用料を申し受けております。

ー イラスト・デザインの等のご依頼 ー
原則として、著作権譲渡の条件ではお受けしていません。イラスト・デザインなどは「作業費」ではなく「使用する権利」を販売しています。ビジネスの戦略として、どうしても著作権譲渡を条件にして欲しい!と言う場合は一度ご相談ください。